○○サークル

Bringing The Worlds together through Education

本文へジャンプ

■EWFとは?■
The East-West Foundation(EWF)は、米国ジョージア州アトランタと東京を拠点に、様々な国際交流支援を行ってきました。このコーナーではEWFの軌跡をご紹介します!

■EWFのご紹介■

EWF理事長西村虔のご紹介
(オグレソープ大学名誉教授:哲学博士)


牧師家庭に生まれ育ち、幼い頃から教会で過ごす。アトランタ市にあるオグレソープ大学人文学部にて34年間 哲学の教鞭をとる。
1974年にEast-West Foundation設立、米国27州80余りの教育機関と提携、約3000人の日本人を米国へ留学斡旋支援を行ってきた。聖学院アトランタ国際学校の理事として設立にも貢献。母教会である小岩四恩キリスト前主管牧師、西村満師の召天にともない、生活を日本へ移す。
賀川豊彦研究の第一人者であり、賀川学会の理事でもある。

米国、パサデナ大学哲学部卒業。アズベリ神学大学大学院修士課程修了。1963年エモリー大学大学院博士課程修了。
1994年〜2001年まで聖学院大学・大学院教授、現在オグレソープ大学名誉教授(哲学)。小岩四恩キリスト教会牧師


■EWFの歴史■

1974
The East-West Foundation創立。
     米国ジョージア州政府によって公益法人の認証を受ける。
EWFオフィスを同州、アトランタ市内のオグレソープ大学内におく。
1975
米国International Revenue Service(IRS)より、
Organization Exemptの認証を受ける。
     第一回留学生オリエンテーションとESL講習会開催
以降94年まで毎年続けて開催
    
■主な開催大学■
     オグレソープ大学(’75)   ランダー州立大学(’76)
ハイワセ大学(’77)      メソジスト大学(’78−80)
     ランベス大学(’81−’84)  
     ブリュートンパーカー大学(’85−’86)
アンドリュー大学(’87、’88、’94)
ウェスレヤン大学(’89−’93)
1978
オフィスを同じくアトランタのOne Brookhaven Drivetに移転
2003 
    日本における働きを強化するために、働きの中心を東京オフィスに拡大
    特定非営利活動法人の認証を受ける